ライトハンド奏法

ライトハンド奏法とは、左で押弦するだけでなく、右手でも弦を操作して演奏することです。

ハードロックでは、ライトハンド奏法を好むギタリストが多く、右手でも、押弦したり、スライドやハンマリングオンを駆使して早弾きしています。

作成日:2018年11月24日
更新日:2018年11月24日

スポンサーリンク